current language
Japan のページは以下の言語でご覧いただけます。
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:
translation missing: core_choose_country

第5世代移動通信システム(5G NR)の認証試験

第5世代移動通信システム(5G NR) – 5G NR 試験

第5世代移動通信システム(5G)に向けた各国認証および認証試験

IoT機器の相互接続性、高速性および効率性向上に対する取り組みの結果、さまざまな第5世代移動通信システム(5G NR)技術および機器が開発されています。5G製品は、コントロールプレーンとユーザープレーンを分離して通信するできるようになっています。ノンスタンドアローン方式(NSA)として既存4G LTEネットワークのコントロールプレーンを利用し、最終的には、ユーザープレーンを使ったスタンドアローン方式(SA)の5Gコアネットワークで動作します。このように分離することで、5G NRの高性能部品は、従来の有線・無線通信世代より100倍速い伝送速度で動作し、IoTおよび移動通信において機能強化、信頼性向上を図ることができます。

テュフ ラインランドは、欧州におけるノーティファイドボディおよび米国におけるTCBとして、高い技術の試験と認証を行っています。製品、市場、ネットワークオペレーター特有のニーズに応じて、従来の通信技術はもとより、5Gなどの移動通信技術にかかわる包括的な試験、認証および型式認証が可能です。

また、5G NR基地局の一部(FR2)は、無線機とアンテナが一体となった構造のため、OTA (Over the Air) 試験が必要です。テュフ ラインランド ジャパンは、OTA試験も可能な大型ミリ波帯専用電波暗室を所有しており、最上位機種の測定機器を用いて、5G NR基地局向けの認証試験サービスを提供します。

移動通信システムの試験・認証について、専門家にお問い合わせください。

移動通信システムの適合証明

5G移動通信システムのサービス
4G/5G移動通信サービスをご利用ください。

テュフ ラインランドの世界各地の試験所で、プロダクトマネージャーが、広範囲の試験を実施するワンストップサービスを提供します。専門的な知見のもと、規制準拠、潜在リスク低減、ユーザーおよび事業者の信頼向上、効率的かつ信頼性の高い性能、ならびに市場でのブランド力強化の実現をサポートします。

5G NRの各国認証および認証試験

テュフ ラインランドは、各国認証および認証試験サービスを提供しており、従来の通信技術ならびに5G NR技術・機器の規則への適合を証明します。5G試験では、サブ6GHz帯(FR1)と24.25GHzより大きいミリ波(FR2)両方の周波数帯に対応する製品を試験します。

テュフ ラインランドの専門家がさまざまなメーカー向けにサービスを提供します。

すべて表示する すべて非表示にする

端末機器メーカー向け

  • 電波規制に従った試験・認証を含む、無駄のない効率的なグローバル認証プロセス
  • 製品認証取得に向けた技術サポート
  • 無線機器の申請サポート

グローバルオペレーションによるRF試験システムを備えたワンストップサービス機関です。世界中に経験豊富な人材を保有し、充実した最新ラボを設置しています。

基地局メーカー向け

  • 基地局の開発評価および実験局運用段階での測定試験
  • FR1およびFR2の両方の周波数範囲で基地局を試験また型式認証

テュフ ラインランドは、ミリ波大型暗室、5G専用機材を活用し、広範囲な基地局仕様に対応した数少ない試験機関の一つです。

セルラーチップおよびモジュールメーカー向け

  • 効率的な手続き、専門家によるプロジェクト管理および費用効率の高い包括的サービスで、市場参入を迅速化
  • 各国の規制に基づいたモジュール認証

グローバルネットワークを活用し、製品開発をサポートします。

テュフ ラインランドでは、メーカー向けサービスに加えて、市場要求に関する包括的な情報やワンストップでの試験・認証を求めている品質管理者向けに、幅広く充実したサービスを提供しています。テュフ ラインランドは、グローバルに認知されている第三者検査機関として、すべてのターゲット市場で迅速かつ低コストで発売開始できるようにサポートします。

R&Dエンジニアには必要な技術的専門知識および実用知識を提供します。さらに、必要に応じて、ニーズに合わせたサポートや検査が可能です。

専門家は、長期でプロジェクトを担当し、世界各地の専門家と連携して、適合証明および性能評価を行います。

テュフ ラインランドでは、適合仕様に基づいた試験規則に準拠した試験をしています。

3GPP TS 38.521 (UE: 5G-NR) [UE = User Equipment]

3GPP TS 38.141 (BS: 5G-NR) [BS = Base Station]

すべて表示する すべて非表示にする

各国・地域の規格:

EU:

ETSI EN 301 908 – 25 (Draft: 5G-NR, UE) [UE = User Equipment]

ETSI EN 301 908 – 24 (Draft: 5G-NR, BS) [BS = Base Station]

ETSI EN 301 908 – 13 (LTE, UE)

ETSI EN 301 908 – 14 (LTE, BS)

US:

FCC PARTs 30, 95 (H, I, M), 96 (5G-NR)

FCC PARTs 15 (Unlicensed LTE + 5G-NR)

FCC PARTs 22, 24 and 27 (LTE)

Note: BS & UE utilize almost the same tests

注:BSとUEには、ほぼ同じ試験を採用。

China:

SRRC mostly based on 3GPP regulations

General set of standards YD/T XXX.XXX

中国:

SRRCは、3GPP規則にほぼ基づいている。

一連の標準規格 YD/T XXX.XXX

Japan:

FDD-LTE UE Article 2-1-11-19 Article 49-6-9 #1,2

TD-LTE UE (Band41 2.5GHz Band) Article 2-1-54 Article 49-29 #1,3,8

TD-LTE UE (Band42 3.5GHz Band) Article 2-1-11-21 Article 49-6-10 #1,3

5G Sub-6 BTS Article 2-1-11-29 Article 49-6-12 #1

5G Sub-6 UE Article 2-1-11-30 Article 49-6-12 #1

5G 28GHz BTS Article 2-1-11-31 Article 49-6-12 #2

5G 28GHz UE Article 2-1-11-32 Article 49-6-12 #2

日本: 無線設備の種別 基準

FDD-LTE UE 第2条第1項第11号の19

TD-LTE UE(Band41 2.5GHz帯) 第2条第1項第54号

TD-LTE UE(Band42 3.5GHz帯) 第2条第1項第11号の21

5G Sub-6 BTS 第2条第1項第11号の29

5G Sub-6 UE 第2条第1項第11号の30

5G 28GHz BTS 第2条第1項第11号の31

5G 28GHz UE 第2条第1項第11号の32

FDD 5G BTS 第2条第1項第11号の33

FDD 5G UE 第2条第1項第11号の34

NR BWA BTS 第2条第1項第54号の5

NR BWA UE 第2条第1項第54号の6

Japanese Telecommunication Business Law:

電気通信事業法:

端末設備等規則(昭和60年郵政省令第31号)および最新の関連する告示

テュフ ラインランドは、任意のR&D探索的テストおよび性能テストもサポートします。5G技術で発展していく自動車、エネルギー、スマートホーム/ビルディング、食品・農業、都市経営、政府機関、ヘルスケア、公共交通機関、スマートシティ、産業オートメーション、クラウド、AR(拡張現実)、サイバーセキュリティおよびその他多くの分野でサポートが可能です。

さまざまな分野でターンキーソリューションを提供する信頼できるパートナー

テュフ ラインランドは、日本をはじめ、シリコンバレー、深圳、台湾、インド、欧州に専門ラボを備えたワイヤレス/IoT試験所を保有しており、試験、認証および型式認証を行っています。また、テュフ ラインランドは、ノーティファイドボディおよび第三者検査機関として、適切な規制遵守を確実にして、迅速な市場参入をサポートします。

テュフ ラインランドのサービスを活用ください。

ぜひお問い合わせください。

今だからこそ知っておきたい 「60GHz移動体検知センサー」 関連認証無料セミナー

60GHz帯は、ほかの周波数帯に比べ広帯域が利用できるため、高い検知精度を実現し、低消費電力のモーションセンシングや車内物体検知などの新しい応用が今後世の中で普及することが期待されています。日本でも2020年1月に電波法が改正され、60GHz帯の利用が可能になりましたが、各国法規が錯綜しているため、わかりにくいところが随所に見られます。

本セミナーでは、60GHz移動体検知センサーの応用例、日米欧の認証スキームそして実際の試験について紹介します。

このような方におすすめのセミナーです
・60GHz移動体検知センサーを活用した設計のご担当者
・60GHz移動体検知センサーを活用した製品の試験・認証に携わる法務、品質管理ご担当者
・60GHz移動体検知センサーの国内輸入、海外輸出をご検討の方

  • 日時:2022年 6月24日(金)13:30~17:00
  • 受講料:無料
  • 定員:40名
  • 会場:富士ソフト秋葉原 7F EXルーム1

テュフ ラインランドのミリ波専用暗室で試験を実施

テュフ ラインランドのミリ波専用暗室では、さまざま技術や用途に対する試験を実施できます。試験の方法およびスケジュールは、各製品固有のニーズに合わせて決定されます。次のような試験サービスの提供が可能です。

ミリ波・5G 測定対象の製品サービス
• Local5G向け試験サポート(実証実験含む)
• 5G NR基地局の実験局向けミリ波専用電波暗室レンタル及び試験サポート
• 5G NR製品評価試験向けのミリ波専用電波暗室レンタル及び試験サポート
• 5G NR向け基地局及び移動局の電波法認証及び特性試験
• 5G NRの放射測定 (OTA)・ビーム フォーミング試験
• アンテナ放射パターン測定、大型のミリ波 アンテナの測定
• FCC、REDなど各国認証取得をサポート

ミリ波・5G 測定対象の製品カテゴリー
• 5G NR (FR1: 3.7GHz / 4.5G, FR2: 28GHz )
• 特定小電力ミリ波レーダー (60GHz / 76GHz / 79GHz)
• 移動体検知センサー (60GHz)
• ミリ波帯の微弱無線機器 (60GHz)
• 小電力データ通信システム (IEEE802.11ad/ay)

関連ドキュメント

pdf 5G NR実証実験・登録点検 ラボレンタルサービス(SUB6/ミリ波) 1 MB ダウンロード
pdf 5G NR(第5世代移動通信システム)基地局向けの電波法認証・特性試験 578 KB ダウンロード
pdf ミリ波帯無線設備(アンテナ一体型)試験 404 KB ダウンロード

エリクソンと提携 - モバイル通信業界向け新サービスを開始

テュフ ラインランドは、通信事業者にモバイル通信インフラを提供するエリクソンと提携し、このたび新たなサービスを開始しました。

サービスの中心となるのは「エリクソン・デバイス・ハブ(EDH)」というデータベースです。このデータベースを通じて、エリクソンとテュフ ラインランドの両社が、グローバル市場への製品投入に関連するすべてのサービスを無線通信機器メーカーに提供します。これにより、新製品の市場投入とマーケティングの複雑なプロセスを簡略化することが可能となり、3GPP標準規格に準拠した製品をグローバルに展開する企業にとって、大きなアドバンテージとなります。

オンラインニュースは こちら

Ericsson launches the Device Hub to boost the 5G ecosystem

An embedded media content from YouTube has been blocked. When loading or playing, a connection to the provider's servers is established and cookies are set. For more information, please see our privacy policy and cookie information.

Load

関連サービス

FCC適合性試験・認可

FCC適合性、テュフ ラインランド

米国市場参入に必要なFCC適合性試験・認可サービスを提供

詳細

IoT機器向け サイバーセキュリティ

脅威分析とリスクアセスメントでIoT機器のサイバーセキュリティ対策

脆弱性の特定、分析および改善等技術支援

詳細

RE指令

RED指令:電気通信機器

テュフ ラインランドは、公認機関としてRED指令の適合性評価をおこなっています

詳細

Wi-Fi® 認証試験

テュフ ラインランドのWi-Fi® 認証

Wi-Fi® 試験サービス、世界中で販売される無線機器の認証

詳細

中国・台湾の認証

中国・台湾の認証

中国および台湾に向けた輸出製品の認証

詳細

日本向け端末機器・無線設備の認証

日本向け端末機器・無線設備の認証

総務省認定の登録認定機関として端末機器および無線設備の認証を行います

詳細

比吸収率(SAR)試験

比吸収率試験 | テュフ ラインランド

人体に対する無線機器の安全性を証明する比吸収率(SAR)試験

詳細

電磁両立性(EMC)試験および認証

電磁両立性試験・認証サービス | テュフ ラインランド

EMC試験サービスは医療機器、無線機器など各種機器のEMC規格への適合性を証明します。

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ