current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:
RED指令:電気通信機器

無線機器の適合性評価

2016年6月13日から、欧州における無線機器指令(RED: Radio Equipment Directive)が適用されました。1999年に発行されたR&TTE指令に代わる指令ですが、移行期間は2017年6月12日で既に終了しています。テュフ ラインランドは、RE指令の公認機関(ノーティファイドボディ)で、テストレポート・認証書(EU-type examination certificate)発行を行っています。

テュフ ラインランド ジャパンのEMCラボは、ISO/IEC 17025を取得しており、そのテストレポートにもとづきCEマーキングの自己宣言が可能です。

一目で分かるメリット

テュフ ラインランドのサービスには以下のメリットがあります。

  • RE指令への適合性を確保できる
  • 製造物責任への対応強化
  • 中立な立場の第三者機関による試験で信頼性・市場での優位性を獲得
  • CEマーキングの取得に必要なRE指令へ適合することができる

テュフ ラインランドのサービス

無線試験に加えて、RE指令の公認機関(ノーティファイドボディ)として、製品の認証をサポートします。

  • RE指令に関する情報提供:対象となる範囲、目的
  • EU市場での無線機器の販売と動作に関する情報
  • RE指令の必須要求への適合性について、メーカーの確認を介した説明
  • RE指令の付録IIIに基づく無線試験シリーズの特定
  • 技術文書の作成補助(Technical Documentation)
  • 技術文書(TD)の評価と専門家の意見の提供
  • 公認機関(ノーティファイドボディ)として、RE指令第3条の必須要求に基づく証明書(EU-type examination certificate)の発行
  • 無線試験、無線EMC(電磁適合性)試験、及びEMC試験
  • 電気安全試験と人体暴露評価
  • テストレポートと適合証明書の発行

その他のサービス

EMC試験・適合性評価

EMC試験・適合性評価

テュフ ラインランドは、ノーティファイドボディ(公認機関)として、EMC指令の適合性評価を実施しています

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ