current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

通信端末・無線機器試験

テュフ ラインランド ジャパンは、公認機関(ノーティファイドボディ)としてRE指令や日本の電気通信事業法および電波法など各国電波規制に関する試験・認証を行っています。

No CTA configuration found

Telecom laboratory TUV Rheinland

テレコムラボ

テュフラインランドは、RE指令の公認機関です。また電気通信事業法の登録認定機関、特定無線設備の登録証明機関として、総務省へ登録されています。各国の有線・無線規制に対し、幅広く試験・認証を行っています。

Bluetooth laboratory TUV Rheinland

Bluetooth ラボ

Bluetooth 認定試験施設(BQTF)であり、製品の資格認定作業を行うBluetooth 認証エキスパート(BQE)もおります。

Wi-Fi, ZigBee laboratory TUV Rheinland

Wi-Fiラボ、ZigBeeラボ

Wi-Fiアライアンスの正式認定に基づき、IEEE802.11a/b/g/n他の相互接続確認およびWi-Fiロゴ使用のための認証試験を行っています。

ZigBee認証試験を行えるラボとしてZigBeeアライアンスより認定を受けています。

Wi-SUN、OpenADR

Wi-SUNやOpenADRなど、最新技術に対応した認証試験も行います。テュフ ラインランドは、世界で最初のWi-SUN認定試験所です。

ミリ波測定ラボ

次世代通信規格(5G NR等)に向けたミリ波帯専用の電波暗室、最新の測定機器、またTRP(Total Radiated Power)測定設備など、ミリ波向けのさまざまな試験サービスを行っています。

pdf 5G NR実証実験・登録点検 ラボレンタルサービス(SUB6/ミリ波) 1 MB ダウンロード
pdf 5G NR(第5世代移動通信システム)基地局向けの電波法認証・特性試験 578 KB ダウンロード

試験データと証明書の発行

各国向けに下記の評価、認証が可能です。

通信・無線機器
日本 有線・無線通信機器認証(電気通信事業法、電波法)
欧州 RE指令
北米 FCC/IC
Australia、New Zealand(有線通信機器)
Bluetooth
Wi-Fi
ZigBee
Wi-SUN

他のEMC試験設備

関連サービス

IT・テレコム機器

日本向け端末機器・無線設備の認証

電磁両立性(EMC)試験および認証

受託試験プロセス

6つのステップで受託試験を提供します。

1. お問合せ
2. イントロダクションミーティングの開催
3. お見積り用の必要書類のご記入・提出
4. お見積書発行
5. ご依頼、サンプル送付
6. 試験・試験結果連絡、レポートの発行、請求書発行・送付

※上記の手順と異なる場合があります。お問合せください。

試験レポート

下記表と異なる場合があります。お問合せください。

テストレポート 適合証明書 ローデータ
お問合せくださいお問合せください

試験のご依頼について

任意の条件での試験も可能です。試験のご依頼や、他の試験ラボについては下記よりお問い合わせください。

No CTA configuration found