current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

EMC試験

EMCに必要なすべてを一括で

テュフ ラインランド ジャパンは、公認機関(ノーティファイドボディ)として、EMC指令適合性検査、EMCマーク発行のほか、北米FCCや、日本VCCIなど各国電波規制に対する評価を行っています。

テュフ ラインランド ジャパンの、ワンストップサービスをご利用ください。

EMC試験とは

EMC:電磁環境両立(適合)性 Electro-Magnetic Compatibility

多くの電気製品は、製品から不必要な電磁波を放出します。この不必要な電磁波をノイズといい、このノイズを定められた値(規格値)に低減させる、これをEMI(エミッション、電磁放射)と表現し、他の製品に影響を与えないようにすることを目的としています。

また他の製品のノイズや雷、静電気などの自然現象から、製品が影響を受け製品自身の動作が阻害されることに耐えるようにする、これをEMS(イミュニティ、電磁耐性)と表現し、両方の特性を満たす事は各国により規制されています。

これらは本来、テレビやラジオなどの放送受信機を保護する目的から規制が始まりましたが、電磁波はクレーンや自動車などの大型製品の誤動作などさまざまな分野にも影響を及ぼし、近年厳しい規制が制定されるようになりました。

こうしたエミッション測定、イミュニティ測定の実力確認を始め、規格適合試験を提供致します。

試験設備

電波暗室

10m電波暗室、3m電波暗室、さらにシールドルームを備え、立会い試験による現場対応もスムーズに行っていただけるよう、ゆとりあるワークベンチを用意しています。


暗室特性

Big Chamber 5面電波暗室(SAC)
測定距離 3m,10m
周波数範囲 9kHz~40GHz
シールド特性 100dB以上

Small Chamber 6面電波暗室(FAR)
測定距離 3m
周波数範囲 9kHz~40GHz
シールド特性 100dB以上

対応可能な試験・測定

測定支援:
10m電波暗室、3m電波暗室、シールドルーム、パルスルームを用い実力確認・規格適合試験などさまざまなご要望にお答え致します。

オンサイト試験:
動かすことが困難な製品については、現場にエンジニアが出向き測定を行います。

ノーティファイトボディ(NB)認証:
ノーティファイトボディによる規格適合の認証を行います。

CEマーク認証:
CEマーク取得のための測定プランの提供及びレポートの作成を行います。

ワンストップ認証:
安全試験との総合的な認証をご提供致します。

試験プロセス

6つのステップで受託試験を提供します。

1. お問合せ
2. イントロダクションミーティングの開催
3. お見積り用の必要書類のご記入・提出
4. お見積書発行
5. ご依頼、サンプル送付
6. 試験・試験結果連絡、レポートの発行、請求書発行・送付

※上記の手順と異なる場合があります。お問合せください。

試験データと証明書の発行

各国向けに下記の評価、認証が可能です。

EMC
国内 VCCI,電気用品安全法
欧州 EMC指令(CEマーキング)
北米 FCC/ISED

EMC関連規格
CISPR11,13,14,15,22,24,25,32,35
IEC/EN 55011,55013,55014,55015,55022,55024,55025,55032,55035
IEC/EN 61326-*,60601-1-2,61000-6-*
IEC/EN 61000-4-2,61000-4-3,61000-4-4,61000-4-5,61000-4-6,61000-4-8,61000-4-11,61000-4-13
VCCI
FCC Part15 SubpartB/C
ISED RSS 210,Gen

RE指令

自動車指令

eマーク,Eマーク

テストレポート
下記表と異なる場合があります。お問合せください。

テストレポート 適合証明書 ローデータ
お問合せくださいお問合せくださいお問合せください

10m電波暗室、3m電波暗室、シールドルーム、パルスルームを用い実力確認・規格適合試験などさまざまなご要望にお答え致します。

関連サービス

電磁両立性(EMC)試験および認証| テュフ ラインランド

電磁両立性試験・認証サービス | テュフ ラインランド

EMC試験サービスは医療機器、無線機器など各種機器のEMC規格への適合性を証明します。

詳細

他のEMC試験設備

九州EMCラボラトリー

EMC任命サイト一覧