current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

ISO 14001 環境マネジメント システム認証

ISO 14001認証

ISO 14001 認証: 事業環境マネジメント-経済的かつ効率的

テュフ ラインランドのISO 14001認証を受けた環境マネジメントシステムは、世界的に通用し認知されているというだけでなく、個々の責任やコミットメントに対して、進歩的な道を切り開くものです。今日では、環境保護におけるパフォーマンス改善を追求し、その証拠を提示することが企業に求められています。

テュフラインランドのISO 14001環境マネジメントシステム認証は、貴社のシステムの弱みを明らかにし、継続的かつ多様な改善プロセスの基盤を作り出します。環境リスクの低減、自然資源の保全、貴社の環境パフォーマンスの改善などです。活発で効果的な環境保護には、技術のみならず、効果的な環境マネジメントシステムが必要です。それは、競争に打ち勝つために、ますます重要な要素になっています。

環境と持続可能性への明確なメッセージ

事業環境保護はかつて、法規遵守が主な目的でした。今日の専門的環境マネジメントシステムには、戦略的機能があります。環境保護に対する従業員の意識を向上させ、自身を悪い環境影響から守ります。また、貴社の事業に持続可能な方向性を持たせ、適切な施策を通じて環境マネジメントシステムの継続的改善を実現します。国際的に認知されているISO 14001規格には、その努力を支援する仕組みが含まれています。マネジメントシステム認証により、顧客やパートナー企業、一般の方々、従業員の、貴社に対するイメージを向上させるとともに、貴社のコミットメントに対する明確な情報発信を行うことができます。

ひとめでわかるISO 14001認証の利点

  • エミッション、廃棄物、廃水の低減
  • 資源使用を目標管理しコスト節約
  • 環境影響を低減し、法的安全性を改善
  • 顧客及び行政からの要求事項遵守を確実に
  • 環境を意識した従業員の行動の促進
  • 顧客やパートナー企業及び一般の方々に対する貴社のイメージの向上
  • 環境ゴールの達成及び環境パフォーマンスの継続的改善
  • 早期の段階でのエラー源の特定及びその除去
  • 企業の事業環境保護システムに対する国際的な認知

テュフ ラインランドへお気軽にお問い合わせください。
環境マネジメントシステムのISO 14001認証に関して、さらに情報を提供いたします。

ISO 14001認証ステップ

  1. ギャップ分析
    改訂版への移行を進める第一段階として、IAFでは、既存の品質マネジメントシステムのギャップ分析を推奨しています。これにより、既に運用されている手順が、新たな2015版規格へ適合しているかを確認することに役立てられます。さらに改善が必要なシステム、プロセス及び文書を見つけることにも役立ちます。
    またテュフ ラインランド ではそのギャップ分析シートに基づいて、テュフ審査員が準備状況についての評価を行うサービス(有償)も提供することが可能です。
  2. 文書審査
    あなたの組織の環境マネジメントシステムの文書を審査員が精査し、どの程度ISO 14001に適合しているかを判断します。
  3. 認証審査
    あなたの組織の環境マネジメントシステムの実施状況を確認します。審査員はその効果も確認します。
  4. 認証書の発行
    全ての基準を満たしたら、認証書が得られます。規格への適合とISO 14001でのマネジメントシステムの信頼性を認証したものです。加えて認証企業はオンライン認証データベース”Certipedia”へ登録されることになります。
  5. サーベイランス(維持)審査
    年に一度の審査があなたの組織の継続的改善プロセスに役立ちます。
  6. 認証のリニューアル
    3年後の再認証によって、あなたの組織の環境マネジメントシステムの継続的改善プロセスを持続可能に継続することになります。環境保護向上へのあなたの組織のコミットメントをあなたの組織のパートナー企業や顧客にエビデンスとなる文書として提供することになります。

ISO 14001 認証要求事項

企業規模や、組織形態に関わらず、ISO 14001環境規格にもとづき認証を受けることができます。そのためには、ISO 14001の要求事項を遵守しなくてはなりません。

  • ISO 14001規格要求事項を遵守する、環境マネジメントシステムを導入し、文書化し、運用し、維持していること。
  • 環境マネジメントシステム認証を受けるためには、まず、運用可能で、文書化済みの、環境マネジメントシステムを実施、検証をしておかなくてはなりません。

ISO 14001の活用

ISO 14001は、社会経済的な要求に伴う環境保護や公害防止を統制するものです。 この環境規格は、環境マネジメントシステムの構築や応用の、世界的に適用できるツールなのです。

環境マネジメントがカバーする分野は?

企業家として、自由と柔軟性を持って自身で枠組み条件を設定できます。組織全体に対し、或いは特定の事業や活動に対し、この規格を導入し、運用することができます。環境マネジメントシステム自体の適用範囲を定義し、文書化することになります。

ISO 14001:2015年改訂が環境マネジメントの明日を形造ります

ISO 14001:2015が2015年9月15日に発行されました。新しい規格に基づいた認証へ、3年間の移行期間があります。

DIN EN ISO 14001の改訂は2015年9月に完了しました。全てのマネジメントシステム構造と同一にし、主要な文言や用語に対して整合性をとるため“上位構造”に沿うようISO 14001が改訂されているため、新たな構造で、規格がより包括的になり、より効率的にISO 9001など他認証を組み合わせることができます。

また、いくつかの主要な変更があります。リスクベース思考の強調に加えて、マネジメントシステムとビジネスプロセスの統合への注意が喚起されてます。改訂の概要と主要な変更はダウンロードできます。

ISO 14001の初回認証を予定している組織はどのように対応すれば良いですか?

ISO 14001:2004規格は未だ有効ですが、移行期間の後半にこの規格に基づいた認証を検討することはお奨めできません。

ISO 1400認証をすでに受けている組織は、必要な変更についてギャップ分析を行って特定することができます。また、組織は、製品・サービス・プロセスのバリューチェーンについての環境影響を検証することと、新しい規格要求事項と解釈についての公の討議などの情報を最新のものにしておくことが望まれます。

移行期間はどのくらいの長さですか?

ISO 14001:2015についての移行期間は2018年9月15日までです。その時点で旧規格に基づく認証は全て効力を失います。

移行期間を通じて、あなたの組織の追加の労力と費用を最小化するように、TUVの審査サービスがお手伝いします。

ISO 14001:2015 ギャップ分析シートダウンロード

ISO 14001:2015 ギャップ分析シートダウンロード

ダウンロード

※現在最新の業務条件を公開しています。最新情報は予告なく更新されますのでご確認、お願いいたします。

pdf テュフ ラインランド ジャパン株式会社 一般取引条件 (英文) 246 KB ダウンロード
pdf テュフ ラインランド ジャパン株式会社 一般取引条件 (日本語訳) 224 KB ダウンロード
PDF テュフ ラインランド ジャパン株式会社による認証に関する業務条件( 英文) 6 MB ダウンロード
PDF テュフ ラインランド ジャパン株式会社による認証に関する業務条件( 日本語訳) 9 MB ダウンロード
pdf マネジメントシステム見積依頼書 528 KB ダウンロード
pdf 認証マークのユーザーガイド 317 KB ダウンロード

関連書類一覧

書式・資料ダウンロード

その他のサービス

ISO 27001 情報セキュリティ マネジメント認証

ISO 27001認証

ISO 27001 は、リスクマネジメントプロセスを利用し、情報の機密性、完全性、可用性を維持し、適切にリスクを管理するための国際規格です

詳細

ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム認証

ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム認証

ISO 50001 規格は、エネルギー消費とエネルギー政策に焦点を当てています

詳細

ISO 9001 品質マネジメントシステム認証

ISO 9001 品質マネジメントシステム認証

品質マネジメントシステム‐QMS(品質マネジメントシステム)の基盤としてどの組織でも運用可能にデザインされている規格です

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ