current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

機能安全マネジメントシステム(FSMS)認証

機能安全マネジメント認証

機能安全マネジメントシステムの認証を取得して効率性を向上

IEC 61508、IEC 61511などの機能安全規格や、自動車規格ISO 26262などの業界規格には、機能安全マネジメントおよび機能安全評価、ならびにそれらのドキュメンテーションに関する要求事項が定められています。プロジェクトマネージャーおよびエンジニアには、製品のライフサイクルにおいて、安全に関わるすべての段階を通じて、これらの要求事項を遵守する義務と責任があります。テュフ ラインランドの監査・認証サービスは、これらの要求事項に基づき、企業による機能安全マネジメントシステムの開発をサポートしています。

テュフ ラインランドは、ISO 17201およびISO 17065に基づき、機能安全マネジメントシステム(FSMS)の監査・認証サービスを提供しています。機能安全マネジメントプロセスの監査・認証は、次の国際規格の要求事項に基づいて行われます。

  • IEC 61508 / IED 61511 – 機能安全マネジメント(FSM)
  • ISO 26262 –自動車機能安全マネジメント(A-FSM)

ISO 26262 – 監査・認証サービスにおいては、初めに予備監査、次に書類審査と認証監査が行われ、その後、初回の認証が発行されます。初回認証後は、サーベイランス監査および再認証監査を行い、機能安全マネジメントシステムおよびプロセスにおいてコンプライアンスが維持されているかを審査します。

当サービスを利用するメリットについて、詳しくはテュフ ラインランドまでお問い合わせください。

機能安全マネジメント認証がもたらす社内的・社外的メリット

機能安全マネジメントシステムまたはプロセスの認証は、グローバルな安全基準を遵守していることの証明になります。これは、市場における競争力の向上につながるだけでなく、見込み客や得意先に対して、最高水準の安全規格に則って社内手続きやプロセスを構築しているという安心を示すことにつながります。

また、機能安全マネジメントシステムの一部として全ての安全関連プロジェクトプロセスを慎重に見直すことは、安全プロジェクトの実行の効率性と一貫性を高め、継続的な品質の向上を実現します。そして最終的に、これらの改善は、費用と時間の両方の削減につながります。

機能安全マネジメントシステムの認証

機能安全マネジメント認証は以下の事柄を目的としています。

  • 定義されたSILとsystematic capabilityを達成するために、安全関連の製品またはプロセスのライフサイクルフェーズで要求される技術的活動を定義する。
  • 関連する各ライフサイクルフェーズに関わり、責任を負う従業員、部門および組織の役割や責任を明確にする。
  • 関連する安全規格の技術的要求事項が、効率的かつ一貫して維持されることを確実にする組織的方策を決定する。

機能安全マネジメント認証プロセス

機能安全マネジメントシステムの認証プロセス

豊富な経験に基づく機能安全マネジメントシステム・プロセス監査

IEC 61511及び/またはIEC 61508に準拠していることは独自のセールスポイントとなり、これにより国際的な安全プロジェクトに入札する際に強力な競争力が得られます。テュフ ラインランドのような第三者認証機関による機能安全マネジメントシステムの監査・認証は、市場における競争力の大幅な向上をもたらします。

機能安全マネジメントシステムの認証プロセスについて、詳しくはテュフ ラインランドまでぜひお問い合わせください。

機能安全マネジメント認証

テュフ ラインランドのCertipedia(サーティペディア)データベースで企業名とその機能安全マネジメント認証書が閲覧できます。 こちら をクリックしてください。

関連項目

サイバーセキュリティマネジメントシステム認証

関連サービス

機能安全 評価・認証 - IEC 61508, IEC 61511, IEC 62061, ISO 13849

機械・プロセス産業の機能安全

機械や装置の安全な動作について定めている国際規格IEC61508やIEC62061などに基づき、製品の機能安全について評価を行います

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ