current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

圧力機器の日本向け輸入手続

圧力機器の日本向け輸入手続

圧力機器に関する日本の法令遵守をサポート

圧力容器/機器を日本に輸入し使用するには、その圧力や温度、用途などにより、使用前に日本の法令に基づく設計、製造、検査および申請をすることが必要な場合があります。その場合、製造業者もしくは輸入業者は、法令で定められた条件や基準を満たさなければなりません。したがって、製造業者もしくは輸入業者にとって、適切な検査と適合性の判定を実施するパートナーが重要となります。

テュフ ラインランドは、厚生労働省の指定外国検査機関(ボイラー、圧力容器、移動式クレーン)および高圧ガス保安協会の海外検査機関として、日本市場向けの圧力容器/機器に関する適用法令の遵守をお手伝いします。

そのほか、欧州等の規制にもとづく圧力機器の検査および認証の国際的サービスプロバイダとしても、多数の国内外組織に認められています。

サービスの特長

テュフラインランドは、圧力容器/機器の製造業者および輸入業者向けに、以下のサービスを提供します。

  • 製品を日本向け仕様に整える段階の支援
  • 圧力容器/機器に関する日本の法令遵守の支援
  • 資格を持つ経験豊かな専門家による圧力容器および関連部品の適合性判定
  • 厚生労働省の指定を受けた証明書作成員(検査員)による検査

日本向け圧力機器の輸入手続サービス

日本で使用される圧力容器/機器は、適用される法令に従い、申請されなければいけない場合があります。テュフラインランドは、貴社の時間・コストの節約、法令遵守につながる以下のサービスを提供します。

  • 日本の法令に準じた、ボイラー・圧力容器の設計レビュー
  • 日本の法令に準じた、ボイラー・圧力容器の製造検査および試験記録レビュー
  • 製造業者の提出書類にもとづく申請書作成の支援
  • 製造業者の施設において、水圧試験または気圧試験の検査および記録作成

圧力機器の日本向け輸入手続(ホモロゲーション)

圧力容器/機器を日本に輸入し使用するには、その圧力や温度、用途などにより、使用前に日本の法令に基づく設計、製造、検査をすることが必要な場合があります。その際、次の書類等を整えて申請書を所轄官庁に提出する必要があります。

1.主要寸法および溶接要領が記載されている詳細な図面、材料が識別できる部品リストおよびその規格 ※これらの書類の重要な部分は日本語で記載されていなければなりません

2.労働安全衛生法や高圧ガス保安法および関連法令に基づく強度計算書 ※これらは日本語で記載されていなければなりません

3.圧縮応力以外の応力をうける溶接部に関する溶接施工要領書(WPS)と溶接施工法試験記録(PQR)

4.圧力を受けるすべての部品の材料証明書

5.法令で要求されるすべての検査・試験記録(例: 溶接試験、機械試験、非破壊検査、水圧試験、気圧試験、寸法検査および溶接接合部の目視検査等の記録)

これらの書類が、適用法令に適合しなかった場合、申請は却下されます。このため、テュフ ラインランドでは、時間・コストの節約、法令遵守を確実にするためのサービスを提供します。

圧力機器の国際認証

テュフ ラインランドは公認機関として、以下の欧州指令の適合性評価を行っています。

  • 圧力機器指令(97/23/EC)
  • 移動式圧力機器指令(2010/35/EU)
  • 簡易圧力容器(2009/105/EC)

テュフ ラインランドは、各国の規制にもとづく圧力機器の検査および認証の国際的サービスプロバイダとして、多数の国内組織と当局に認められています。世界各国に厚生労働省に認められた検査員がいます。

その他、各国の認証については、お問い合わせください。

関連トピック

CB証明

CB証明

製品安全試験の国際的相互認証制度であるCBスキームを利用すると、複数国の認証取得に要する時間とコストを軽減できます

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ