current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

RoHS / WEEE

RoHS / WEEE

電気製品の廃棄物指令の遵守

WEEE(Waste of Electrical and Electronic Equipment:廃電気・電子製品)指令2002/96/ECおよびRoHS(Restriction of Hazardous Substances:有害物質の使用制限)指令2002/95/ECは、電子商品および電気商品の製造者と販売業者に大きな影響を及ぼしています。製品がこれらの指令 – 対象は有害物質や廃棄物に関する規定 – に準拠していない場合、欧州市場でのそれらの販売が禁止されることがあります。

ヨーロッパの認証を取得しやくするため、テュフ ラインランドでは現在、WEEE/RoHSのコンプライアンスに関するラベリングをご用意しています。これで、システム製造業者は欧州連合(EU)に対し、製品の製造時にWEEE/RoHS対応であり、RoHS対応コンポーネントを使用していることを証明できます。

改正RoHS(RoHS2)

2013年1月から改正RoHS(RoHS2)が施行されました。RoHS からRoHS 2への改定でもっとも大きな変更は、対象製品の拡大です。RoHS 2では、医療機器や産業用の監視装置、制御装置など、すべての電気・電子機器が適合の対象となりました。

また、RoHS 2はCEマーキング適合のための指令となったため、EN 50581:2012に準じて、製品評価、リスク管理、技術文書作成を行う必要があります。

テュフ ラインランドは、改正RoHSおよびCEマーキング対応をサポートいたします。また、部品表であるBOM(Bills of Materials) 管理と化学物質管理を統合した、オンライン方式によるソリューションも提供しています。
以下も、あわせてご覧ください。
最先端分野の電気・電子機器産業向けRoHS 2指令適合性評価サービス
2011年7月21日発効、改正RoHS指令の主な変更点について

一目で分かるメリット

RoHS / WEEEについては下記のような包括的サービスを提供しています。

  • WEEEおよびRoHSの両指令に対するコンプライアンス
  • EU内の大きな市場に参入可能
  • 製品はWEEE/RoHSの専門家による検査を受け、安全性と品質規格や規則のセットに確実に適合
  • グローバルに存在する組織で、ワンストップサービスのメリットを享受
  • 最新版の基準に国際的にアクセス
  • 文書化された安全規格で製造責任のリスクが軽減
  • 第三者機関の認証を受けて、他社に負けないポジションを確保

RoHS / WEEEサービスの対象

テュフ ラインランドは、以下の完璧なエンドツーエンドのサービスをご提供します。

  • 研修および指導
  • 製品およびデザインの審査
  • WEEE試験およびコンプライアンス分析
  • 回収率およびリサイクル率の算出
  • 試験レポート
  • EN 50419規格に準拠したWEEEマーキング
  • RoHS試験、およびコンポーネントとシステム製造業者のどちらにもテュフ ラインランドのみが提供できるコンプライアンスに対する「新規」マーク

テストマーク

WEEE/RoHS mark

2013年1月より新しいデザインになりました。
詳しくは こちら をご覧ください。

旧デザイン

Translation missing

CB証明

CB証明

製品安全試験の国際的相互認証制度であるCBスキームを利用すると、複数国の認証取得に要する時間とコストを軽減できます

詳細

GS マーク

GSマークは、ドイツの製品安全法にもとづいて検査され、安全性が認証された製品に付けられるマークです

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ