current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

カーボンフットプリント、ウォーターフットプリント、ライフサイクルアセスメント

カーボンフットプリント、ウォーターフットプリント、ライフサイクルアセスメント

持続可能性の評価を

食品から家庭用機器まで、あらゆる製品が環境配慮設計されるようになりました。テュフ ラインランドの専門家は、DIN EN ISO 14040 やDIN EN ISO 14044などの国際規格を用いて、第三者機関として、ライフサイクルアセスメントCA(LCA)の実施をサポートいたします。ライフサイクルアセスメントとは、製品寿命中(材料選定から廃棄まで)の環境影響を評価することです。エネルギーや資源の利用、空気や水への排出、廃棄、有毒物やリスクへの可能性を評価します。消費者に選ばれる製品となるためにも、持続可能性の評価を行い、カーボンフットプリントを低減しましょう。

メリット

テュフ ラインランドの専門家による、ライフサイクルアセスメントやカーボンフットプリントサービスにより、

  • 製品の潜在的環境影響を見極め、低減することができます。
  • エネルギーや資源利用を低減することで、コストを下げることできます。
  • 消費者から見て製品の安全性や品質の信頼性が向上します。
  • プロセスや製品の効率化のツールを得ることができます。
  • 第三者検証により競争からの差別化を図ることができます。

ライフサイクルアセスメント、カーボンフットプリントサービス

テュフ ラインランドの専門家は、ライフサイクルアセスメントの一部である、製品カーボンフットプリント(PCF)を明確にするサポートをします。

手順

DIN EN ISO 14040およびDIN EN ISO 14044:2006の規格に基づき、ライフサイクルアセスメントを行います。アセスメントは4つのステージで行われます。

スコープ
アセスメントのゴールや範囲を決定します。

インベントリ分析
ライフサイクルインベントリ分析の為に、インプット、アウトプットのデータを収集し整理します。

影響アセスメント
影響アセスメントステージでは、環境影響などのパラメーターを数値に加えます。これらが最終の評価基準となります。

ライフサイクル解釈/評価
評価期間を経て、テストレポートに要約された結果が報告されます。その後、手法や結果の妥当性確認のプロセスへ進みます。最後にクリティカルレビューという形で、DIN EN ISO 14040 またはDIN EN ISO 14044との適合性確認を行います。すべての結果に問題なければ、認証書が発行されます。

関連サービス

グリーンプロダクトマーク

グリーンプロダクトマーク

グリーンプロダクトマークで、環境に配慮した製品を効率的にアピール

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ