current language
Japan のページは以下の言語でご覧いただけます。
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

圧力機器指令:PED

圧力機器指令 2014/68/EU

PED適合性評価 - 圧力機器指令 2014/68/EU に準拠した設計・製造の適合性評価サービス

CEマーキング取得のための適合評価に関連する審査、検査、モニタリングおよび認証を実施します。PED適合性評価のためのモジュール認証をはじめ、材料の認証や溶接関連のサービスも実施します。特定の圧力機器に適用される可能性のある2014/34/EU (ATEX) または 2006/42/EC(機械指令)など、包括的なサービスも提供します。

2002年5月の発効以来、圧力機器指令 (PED) は欧州市場で使用されるすべての圧力機器、コンポーネントおよびアセンブリの設計、製造および安全に関する基準となっています。PEDの要求事項は、EU市場参入のための必須安全要求事項と適合評価手順を定めています。

テュフ ラインランドは、個々の圧力機器、アセンブリの設計評価・認証をサポートします。

PED 適合性評価について、問い合わせる

PEDの遵守と品質マネジメント

テュフ ラインランドのサービスを活用いただくことで、圧力機器指令の要求事項を確実に満たすことができます。PEDの遵守により、EU加盟国の市場で機器を流通や使用することが可能となります。また、CEマーキングを取得することで指令遵守を証明できます。

圧力機器指令 2014/68/EU適合性評価サービス

圧力機器指令は、0.5バールを上回る最大圧力を受ける圧力機器およびアセンブリに適用されます。圧力容器、ボイラー、配管および付属品(安全バルブなど)、圧力部品に取り付ける付属品エレメント(フランジ、ノズル、カップリングなど)が含まれます。

特定の機器については、2014/34/EU (防爆ATEX指令) 、2006/42/EC (機械指令)、2014/35/EU (低電圧指令)、2014/30/EU (EMC指令) など、他の指令が適用されることもあります。テュフ ラインランドは、圧力機器の特定規格への適合に必要なサービスも提供しています。

モジュールD,E,Hなど特定の適合評価手順について、PEDは品質マネジメント (QA) システムも要求しています。PED付属書I および IIの規定に基づく対応をすることで、危険やリスクに対する適切で効果的な防止対策を実施し、必要に応じて適切な是正措置を講ずることができます。

PED適合評価手順のカテゴリー

圧力機器は、潜在的ハザードによってカテゴリー分類されます。カテゴリーに基づき、製品を上市する前に、カテゴリーごとのモジュールに従って適合評価手順を完了しなければなりません。

圧力機器指令による装置のカテゴリー・モジュール分類

モジュール A および A2 – 社内生産管理
製造者は連続的な社内生産管理の責任を負います。モジュールA2の場合は、社内生産管理のほかに、ノーティファイド・ボディによる不定期の圧力機器チェックが実施されます。圧力機器点検が無作為に実施されます。

モジュール B(P) – EU型式試験 (生産型式)
技術書類審査と生産型式試験に基づいてPED要求事項への適合を検証します。

モジュール B(D) – EU型式試験 (設計型式)
設計型式試験は技術書類だけに基づいて行われます。生産型式試験や生産試験は行われません。

モジュール C2 – 型式適合
製造者は型式試験証明書に記載された型式への適合を宣言しなければなりません。ノーティファイド・ボディは、メーカーの生産現場で無作為に生産と試験をモニターします。

モジュール F および G – 個別試験
技術書類を審査し、圧力機器の最終評価を実施して適合証明書を発行します。これが製造者によるCEマーキングの根拠となります。

モジュール D, D1, E, E1, H, H1 – 品質マネジメントシステム
信頼性の高いQAシステムを開発・導入することにより品質を確保しなければなりません。

材料製造者認証
付属書Iの4.3に従い、材料製造者の品質マネジメントシステムを審査します。

サービス内容:

  • 個別圧力機器の設計審査
  • アセンブリの設計審査-安全装置の検査を含む(MSR保護装置、回路図の設計と適合性、電子コンポーネント、PCEデバイス、安全バルブの適合性など)
  • カテゴリーII, III および IVの圧力機器部品の永久接合に関する施工法および施工者(溶接士、ロウ付け士等)の承認
  • カテゴリーIII および IVの圧力機器の非破壊試験技術者の認定
  • カテゴリーIII および IV用の特定材料の具体的評価(PEDに基づいてASME材料を使用する場合など)
  • ユニット検証に基づく適合性の確認(モジュールF および G)
  • 型式承認の発行、モジュールB(生産型式および設計型式)
  • モジュールD/D1、E/E1 および H/H1の場合のQAシステム監査
  • 付属書Iの箇条4.3に基づく材料メーカーのQAシステム監査
  • 適合証明書の発行

圧力機器に関する包括的なソリューションを提供

テュフ ラインランドは、150年におよぶ圧力機器試験の豊富な経験をもち、必要な試験、認証、認定を受けたトレーニングなどの最適なソリューションをワンストップで包括的に提供します。また、主要な委員会には参画し、お客様へ最新情報を提供するための情報収集を行っています。

圧力機器とアセンブリに関するテュフ ラインランドのサービスについて、今すぐお問い合わせください。

詳しい情報をダウンロード

pdf The Pressure Equipment Directive 2014/68/EU[英語] 568 KB ダウンロード

関連テーマ

Market Access Service

UKCAマーク

UKCAマークの新たな強制日は2023年1月1日となり、それまではCEマークを引き続き使用できます。

ただし、CEマーキングは、英国とEUの規則が同じままである地域でのみ有効です。 EUが規則を変更し、それらの新しい規則に基づいて製品にCEマークを貼付すると、2022年12月31日より前であっても、CEマークを使用して英国で販売することはできなくなります。

テュフ ラインランドはUKCAマーク取得、CEマーキングからUKCAマークへの変更のサポートを提供します。

お問い合わせください。

関連サービス

CEマーキング

CEマーキング

第三者認証を得ることによって、CEマーキングに一層の信頼を与えることができます

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ