衝撃試験/振動試験

マシニングセンター衝撃試験

機械のトラブルによって部品が破損し、フライス盤(マシニングセンター)などの覗き窓や金属の安全カバーなどへ飛散した場合、オペレーター側へ飛び出す危険があってはなりません。マシニングセンター衝撃試験は、規格に基づき、衝撃エネルギーを310J(Class A1)~8000J(Class C3)の9段階分けて試験・評価を行います。

設備

規格で定められた形状・重量の鋼鉄弾を、圧縮したガスにより所定のスピードで試験体に衝突させ、その強度を評価します。

■関連規格 ISO 23125、EN 12417など

IK試験(衝撃保護等級試験)

IK試験(外部衝撃保護等級試験)とは、筐体が内部装置を衝撃からいかに保護できるかを、衝撃のエネルギーを0.14J(IK01)~20J(IK10)の10段階に分けて行う試験です。

■関連規格 IEC 60068-2-75、IEC 62262など

振動試験/衝撃・繰り返し衝撃試験

輸送(航空、トラック、船舶など)や設置される環境(車輌や工場)により、製品は常に振動ストレスを受けています。また、振動以外にも高温や低温、高温高湿など、様々な環境が考えられます。それらを振動機や振動機と恒温槽を組み合わせた複合環境試験機を使って試験することにより、安全性や耐久性、性能などを評価することが可能です。

設備

振動試験

• 最大加振力 :45kN

• 振動周波数:5Hz~2,000Hz

• 最大変位:正弦波76.2mmp-p

■関連規格 IEC 60068-2-6、-2-27など

受託試験について

お問合せの際は、事前に「IP試験内容確認データシート」をご記入いただくと、よりスムーズにご案内できます。
下記ページより、該当するフォームをダウンロードしてください。
書式ダウンロード:受託試験 試験条件データシート