温度湿度試験/温度衝撃試験

温度や湿度を自由に設定できる恒温恒湿槽を用いて、実際の温湿度環境と同じ条件で、製品の安全性や耐久性の試験を行います。 低温から高温まで、高温高湿(ダンプヒート)や温湿度サイクルの規格試験、そして任意の条件での試験も可能です。

試験設備の一例

恒温恒湿槽

温度範囲 -70℃~+150℃
湿度範囲 ~98%RH at 85℃
槽内サイズ w600mm × h850mm × d600mm

恒温恒湿槽

温度範囲 -75℃~+180℃
湿度範囲 ~98%RH at 95℃
槽内サイズ w1100mm × h1000mm × d1000mm

大型恒温恒湿槽

温度範囲 -40℃~+80℃
湿度範囲 ~95%RH at 80℃
槽内サイズ w2000mm × h2300mm × d1700mm

温度衝撃試験器 (サーマルショックチャンバー)

高温試験温度範囲: +60~200℃
低温試験温度範囲: -65~0℃
さらし時間:最大180分
槽内サイズ:w650mm × h500mm × d400mm
最大荷重:等分布で100kgまで

2または3ゾーン

■関連規格

IEC 60068-2-14、ISO 7459 (温度衝撃試験)

IEC 60068-2-30, -2-38, -2-67, -2-78 (温度試験、温湿度試験など)

受託試験について

お問合せの際は、事前に「IP試験内容確認データシート」をご記入いただくと、よりスムーズにご案内できます。
下記ページより、該当するフォームをダウンロードしてください。
書式ダウンロード:受託試験 試験条件データシート