current language
Japan のページは以下の言語でご覧いただけます。
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

IoT機器向け サイバーセキュリティ

脅威分析とリスクアセスメントでIoT機器のサイバーセキュリティ対策

IoT機器向けのサイバーセキュリティで、信頼性と安全性の高いパフォーマンスを

インターネットがビジネス・公共および行政機関やプライベートで、ますます活用されるようになり、 ネットワーク上で情報を共有・活用・制御するIoT技術も普及してきました。

その一方で悪意のある攻撃者によるサイバーリスクも顕在化しました。サイバーリスクを最小限に抑えるためには、セキュアなIoT機器がこれまで以上に重要となります。

携帯電話のように寿命が数年のものは、サイバーセキュリティ対策が整っている一方、産業システム全般のような寿命が数十年に及ぶものは、対策不十分のまま接続されていることも考えられます。こういったさまざまなデバイスやシステムを接続するため、技術、コンポーネント、ネットワーク、システム全体でプライバシーを保護するだけでなく、安全かつ確実なデータのやりとりを行うためのテストが必要になります。

テュフ ラインランドは、多角的視点でのテスト、分析、改善策を提案します。IoT機器が最新のサイバーセキュリティベストプラクティスに従って設計されているかを確認し、技術的知見からアドバイスを提供します。

サイバーセキュリティの構築とIoT機器の信頼性および安全性の確保に、是非、テュフ ラインランドのサービスを活用ください。

サイバー攻撃からIoT機器を守るテュフ ラインランドのサイバーセキュリティテストサービス

テュフ ラインランドは、企業評価や製品の信頼性を高めるために、多角的視点での脅威分析およびリスクアセスメント (TARA:Threat Analysis and Risk Assessment)を提供します。

IoT サイバーセキュリティ: ペネトレーションテストやファズテスト、脆弱性スキャンおよびアプリケーション ソースコードレビューで、脆弱性を発見します。

IoT機器に対するハッキング行為やサイバー犯罪を防止する最良のサイバーセキュリティ実現のため、テュフ ラインランドは、下記のようなサイバーセキュリティテストを実施します。

  • サイバーセキュリティテスト
    • ペネトレーションテスト
      ハッカーの攻撃手法を応用し、システムへの侵入を試みることで、ソフトウェア、ハードウェアの欠陥や危険な設定、その他の脆弱性を特定することを目的としています。
    • ファズテスト
      ソフトウェアの欠陥やバグの特定、その他影響を受けやすい領域を明確にするため、特殊な文字列やデータパケットを意図的に機器に流し込むなどの手法を用い、機器内部に存在する脆弱性の検出を行います。
    • 脆弱性スキャン
      システム構築に使用されるソフトウェアおよびハードウェアに残存する脆弱性をあぶりだし、これらが悪意のある攻撃者に利用されないようにすることを目的とします。
    • アプリケーションソースコードレビュー
      コンパイル前のソースコードに対しての査読を行い、ソフトウェアに潜む危険なプログラミング手法や問題のあるコーディング文法を特定します。

  • 脅威分析とリスクアセスメント(TARA:Threat Analysis and Risk Assessment)
    機器に対して起こりうるサイバー攻撃シナリオを基に、脅威分析を行います。また発見された脆弱性がどの程度機器に対してインパクトを及ぼすか、いくつかの指標を用いリスクアセスメント実施を支援します。
  • 改善策・推奨事項
    高いレベルのサイバーセキュリティの確保および、適用される法規制に準拠するための技術的アドバイスを提供します。

頼れるIoTサイバーセキュリティのパートナー

テュフ ラインランドは、IoT機器、ネットワーク、システム上の脆弱性の特定、分析および改善のために、高度なサイバーセキュリティサービスを提供しています。また、テュフ ラインランドの専門家は、長年にわたってネットワーク・通信機器業界に携わってきた経験から、ネットワーク・通信機器業界が直面する課題や製品が使用される環境について深い知見を持ち合わせているだけでなく、IoT機器やネットワークに接続されたIoTシステムに対するテストを行うために、最新のサイバーセキュリティ技術の習得にも力を入れています。

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ