一覧に戻る

株式会社あかつきに対して、「ロードサービス テュフ認証」第一号を発行

2021/03/26日本

認証式

テュフ ラインランド ジャパンは、本日、ロードサービス事業者向けの「ロードサービス テュフ認証」第一号を株式会社あかつき神戸中央営業所に発行したことを発表しました。

ロードサービス テュフ認証サービスは、テュフ ラインランドのドイツ本社で行っているロードサービス事業者向けの監査内容を元に、日本のロードサービス市場にあわせた独自の項目や判断基準も盛り込み、新たに開発しました。具体的には会社組織・運営、法令順守、車両の保有・管理、サービス品質などの監査項目で評価します。

「ロードサービス テュフ認証サービス」には乗用車およびトラックに対応する「スタンダード」と、「スタンダード」に加え25tの横転車両の引き起こし、牽引に対応する「フル」という2種別があり、それぞれの種別にプラチナかゴールドのカテゴリーがあります。プラチナは、ゴールドよりも判断基準が厳しく、より高いレベルの評価内容になっています。またロードサービスは、24時間365日対応ができることが求められる業種のため、監査項目の中には技術面のみならず、労働環境の法令順守状況や従業員の満足度についても含みます。

種別 カテゴリー
スタンダード:乗用車およびトラックに対応する積載車とレッカー車を最低各1台所有している事業者が対象 プラチナ
ゴールド
フル:上記スタンダードの内容に加え、自社の車両で総重量(車両+積荷)25tの横転車両を引き起こし、牽引できる事業者が対象 プラチナ
ゴールド

エンドユーザーにとって、事故や車両故障の時にまず最初にコールセンターに連絡し、その後直接対面するのがロードサービス事業者です。そのロードサービス事業者が、緊急時にエンドユーザーに対し適切なサービスを適切なタイミングで提供できるかどうかは、自動車の保険会社にとっても重要事項です。

良い事業者の「見える化」は、エンドユーザーとロードサービス事業者の双方にとって、安心・安全の証を共有することができるというメリットがあります。また、緊急時には必要により有資格者が行うべき作業があるので、エンドユーザーにプロが行っているという安心感を持っていただくことができます。

今回の認証取得について、株式会社あかつき 代表取締役社長 吉岡 輝昌氏は、次のように述べています。

「当社は、2020年に鈑金塗装工場認証のプラチナを取得しており、保険会社やカーディーラー、ユーザーから信頼される工場として誇りをもってサービスを提供できる体制が整いました。そして次に、ロードサービス部門においても質の高いサービスを提供できる体制を整えることを決定しました。ロードサービス業は認知度の低い業種ですが、社会的に重要な役割を担う業種と自負しています。ロードサービス事業者の認証制度があれば、認知度が向上し、結果的に安心安全な質の高いサービスを提供できる事業者が増加すると期待します。当社が認証の第一歩となり、業界発展の礎となれば幸いです。また、日常業務で行っている点検記録や点呼など業務の基本が、認証項目の中にあったため、社員も安全に作業を行うことの大切さと価値を改めて認識することになりました。そして第三者認証機関に評価されたことで、これまで以上に安全に対する意識が高くなったと感じています」。

テュフ ラインランド ジャパンは、本サービスにおける監査、認証サービスを通して、良い事業者の「見える化」を行い、エンドユーザーの安心、安全を目的としてロードサービス業界さらにオートアフターマーケットの発展、健全化に寄与して参ります。

関連サービス
鈑金・塗装工場向け監査導入プログラム・監査・認定サービス

カスタマーサービス / Customer Service
+81 45 470 1850
お問い合わせ