一覧に戻る

テュフ ラインランド ジャパン、SII指定認証機関に登録

2014/03/19日本

この度、テュフ ライランド ジャパン株式会社は、平成25年度補正予算「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」における、SII(一般社団法人 環境共創イニシアチブ)の指定する認証機関に登録されました。本補助金制度は、電力使用の合理化の取組みを促進することを目的とし、100億円が補助事業費総額として割り当てられています。

2014年3月17日より予約申請および交付申請の受付が開始され、基本的に蓄電システム購入金額と、機器毎に定められた目標価格との差額の2/3以内を補助率として、購入者に対して補助金が支払われます。(補助上限額の設定あり)

また平成23年度補正予算分での同補助金制度ではなかった、新しい内容が本制度では盛り込まれています。付加機能(よりピークコントロールに資する機能)を有する製品には、補助金額が加算される仕組みがあります。この付加機能とは具体的に、「系統連系等」、「太陽光発電システム連携」「高サイクル耐久性」、「ECHONET Lite対応」を指します。

これらの機能を有する場合は、指定認証機関の確認を受け、補助金加算要件確認書(一部認証書)をSIIへ提出することにより、加算対象モデルとして登録ができます。補助金が適用される公募対象機器となるためには、事前に指定認証機関によって本補助金の補助対象基準を満たしているかの審査を受け、認証書等を取得する必要があります。(これは23年度補正の前制度と同等です。)

テュフ ラインランド ジャパンでは、本補助金適用を受けるための試験認証業務をご提供しております。

特に蓄電池部分の認証については、弊社の大型電池試験所(関西テクノロジーセンター)で実施し、同時に様々な安全性や性能の試験、海外向け規格の試験等も実施可能です。

関連情報
関西テクノロジーセンター(KTAC) 電池試験設備

カスタマーサービス / Customer Service
+81 45 470 1850
お問い合わせ