労働安全

労働安全衛生(Occupational Health & Safety = OHSAS)マネジメントシステムは職場における労働衛生災害リスクの低減と、将来の発生リスクを回避するため、継続的にマネジメントシステムを改善し続けることを求めた規格です。
OHSASを導入することにより、事故発生の危険を減らし、災害によるマイナスコストを削減することができます。またステークホルダーに安全・衛生に対する真摯な取り組み姿勢をアピールすることが可能です。会社のイメージおよび信用の維持と向上、ひいては企業の信頼性を確保し、投資や取引の機会を拡げる可能性を高めることができます。

OHSAS 18001

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS 18001)は、80カ国以上で認知されています