インターンシップ体験談

江原正人
電気製品安全ラボラトリー / インターン
ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校
機械工学専攻

テュフ ラインランドのインターンシップに応募した理由

日本でインターンを募集してる企業はあまり多くないと思います。その中でいくつかの企業に応募をしましたが、最終的に、テュフ ラインランド ジャパンでのインターンシップが自分の将来にとって一番役に立つと思い参加を決めました。

現在の業務について

主にエンジニア社員の方々の下で、電気製品試験のセットアップなどのアシスタント業務をしています。

印象的だった業務について

インターンシップで最初に体験した業務が「衝撃試験」でした。8000ニュートンの力を加えた玉を製品にぶつけるというもので、とても印象的でした。他にも、色々な機械を分解する作業はとても面白いと感じます。

テュフ ラインランドでのインターンシップで学んだこと

最初の1週間は週5日時間通りにオフィスへ来ることの大変さを感じましたが、社会人としての振る舞いを身につけることができたと思います。そして、多くの技術的な知識を教わりました。3ヶ月という短期間で、広く浅くではありますが、様々な体験ができました。

今後のキャリアプランについて

大学院に進学することを視野に入れています。卒業後はアメリカで就職したいと考えています。正直、あまり日本には帰ってきたくないです。暑いので…(笑) 勉強している機械工学の知識をもっと深めて、技術系の仕事に就きたいと思っています。

これからインターンシップをはじめようとしている人たちへ

長期間のインターンシップは学生時代にしかできないことだと思います。やってマイナスになることはないと思いますので、 迷っている人はぜひチャレンジしてください!