歴史

ドイツ一地方の検査機関から、世界各国で技術サービスを提供するグローバル企業へ。現在、グループは32の分野でサービスを行い、69カ国で事業を展開しています。

テュフ ラインランド グループの歴史
1872 蒸気ボイラーの検査協会(DÜV: Dampfkessel-Uberwachungs-Verein)が民間の事業家たちによりエルバーフェルトとバルメン地域に設立される。
1900
DÜVが初の自動車検査と運転免許試験を行う。
1918
DÜVの事業が、鉱業やエネルギー産業に拡大。
1936
Rheinisch DÜVは名前を、ケルン技術検査協会(TÜV)へ変更する。
1962
ケルン技術検査協会(TÜV Köln)は名前を、テュフ ラインランドe.V.(TÜV Rheinland e.V.)へ変更する。
1967
ドイツ国内に、テュフ ラインランド初の子会社を設立。
1970
海外に、テュフ ラインランド初の子会社を設立。
1992
グループ全体の事業を統括するため、テュフ ラインランド ホールディングAGが設立される。
1997
テュフ ベルリン ブランデンブルクe.V.と合併
2003
テュフプファルツe.V.と合併
2005
LGA Beteiligungs GmbHと合併、さらにテュフ ザールラント(TÜV Saarland)自動車部門を吸収
2006 テュフ ラインランド グループとして国連グローバルコンパクトに参加。オーストラリアに子会社を設立し、5大陸全てにグループ拠点ができる。
2009
アジア、アメリカ、ドイツに9つの太陽光試験ラボラトリーを設立し太陽光発電試験の事業を強化、太陽光発電評価の分野で世界のリーダーになる。
2010 テュフ ラインランドが、技術サービス企業としてブラジル国内で第二位となる。
2012 テュフ ラインランド 140周年 初めて、
ドイツ国外の従業員が6割を占める。
2014 ITセキュリティ分野の企業買収により、テュフ ラインランドは、世界でトップ3に入る独立したITセキュリティ・テストサービス提供会社となる。
2017 ケルンのテュフ ラインランド グループ本社拡張工事が完成。敷地の拡張およびエネルギー改修に7千万ユーロの投資を行う。