一覧に戻る

電気自動車用高電圧システム技術資格 (BGI 8686)トレーニング(Stage 1・2)

電気自動車

セミナー
2017/03/15 - 2025/03/16 横浜

ドイツの電気自動車高電圧システム取扱者の法規BGI 8686に基く
安全な電気の取り扱い・危険防止トレーニング

ドイツでは電気自動車の修理や事故車両の取り扱い者に対して、BGI 8686*1の取得を要求しています。日本においても、電気自動車の高電圧システムの取り扱い時における安全確保が注目されてきました。車両の高電圧システムを使用することにより、ドイツでは工場およびサービススタッフの資格に全く新しい要件が課されます。そのためAC 50 VまたはDC 120 Vを超える電圧を扱う作業員は、特別な教育を受ける必要があります。また、DIN VDE 1000-10 VDE 1000-10:2009 Operation of electrical installations. General requirements等の規格に基づいた、電気講習DGUVI200-006 (Former BGI8686E)を受ける必要があります。

本トレーニングでは、車両の高電圧技術作業に伴う危険性や適切な対処法、正しい知識を身に付けていただくことが可能です。講義は、ドイツ自動車業界の方針ならびに、Verband der Automobilindustrie e.V.(VDA:ドイツ自動車工業会)、Verband der Internationalen Kraft-fahrzeughersteller e.V.(VDIK:ドイツ自動車輸入業者協会)、BGI 8686「高電圧システム搭載車両の作業資格」に基づいて行われます。

【プログラム内容】

▪ 電気自動車
▪ 電気技術基礎
▪ 電流の影響と危険性
▪ 事故防止、法律、規制
▪ 電流による直接的・間接的危険の防止策
▪ 高電圧の概念と自動車技術
▪ ECE R100
▪ 電流に起因する危険
▪ 自動車の電力部品(モータ、インバータ、DC/DCコンバー タなど)
▪ 自動車の電力線
▪ 自動車用バッテリー(構造および機能)
▪ リチウムイオンバッテリーの危険源
▪ 事故防止規定
▪ 電圧印加時作業の実施の原則
▪ 安全対策:個人用保護装置の使用法、取り扱い、管理、点検
▪ 高電圧車両およびシステムの作業時における実践的手法
▪ 事故発生時の対応

*1 セミナーの内容は、BGI 8686に準拠しています。
※ 講義と電気自動車を用いた実技で構成しています。※ 講義は日本語で行われ、テキストも日本語でご用意します。※ プログラム内容は変更となる可能性があります。

日 時

2017年3月15日(水)~16日(木) 1日目9:00~18:00、2日目17:00終了

対 象 者

電気自動車の高電圧システム電気技術者または自動車電気工、メカトロニクス技術者、レスキュー、レッカー、整備工場、板金塗装工場、整備士など、車両の高電圧システムを取り扱われる方

会 場

テュフ ラインランド ジャパン株式会社
テクノロジーセンター 会議室
横浜市都筑区北山田4-25-2 Tel: 045-914-3888
横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田駅」より 徒歩12分
ブルーライン「センター北駅」より 徒歩15分

参 加 費 用 ◆ 150,000円(税別)

定 員 ◆ 15名

お 申 込 み・お 問 い 合 わ せ
参加お申込みは、所属組織、部署、役職、お名前、電話番号をご記入のうえ、下記へお送りください。
テュフ ラインランド ジャパン株式会社
窪 大嘉(くぼ ひろよし)
e-mail: hiroyoshi.kubo@tuv.com
TEL: 06-7656-9255(直)

または

テュフ ラインランド ジャパン株式会社
マーケティング部 広報課
e-mail: academy@jpn.tuv.com
TEL: 045-470-1857 FAX: 045-470-8055

会場: テクノロジーセンター GTAC
横浜市都筑区北山田4丁目25番2号
開催日: 2017/03/15 - 2025/03/16
所在地:

ルートプランナー

お申込み: