current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

RAMS分析

RAMS分析

信頼と安全のための鉄道工学の安全性分析

欧州の鉄道工学の信頼性と安全性について指定される要求条項の数は、増加の一途をたどっています。また認証機関からは、製品やサービスのRAMS(Reliability, Availability, Maintainability, Safety:信頼性、可用性、メンテナンス性、安全性)分析など、品質の詳細な証明を求められることが増えつつあります。テュフ ラインランドの専門家は、鉄道システムのRAMS分析を実施しています。テクノロジーと企業を当社が国際規格に基づいて審査することで、競合他社に先んじることができます。

一目で分かるメリット

テュフ ラインランドが実施する安全性マネジメントシステムの評価やRAMS分析を受けると、以下のメリットがあります。

鉄道工学に必須の欧州の安全規格と品質規格を満たす

  • 安全システムの設計の包括的な業界標準ガイドラインを取得する
  • エレクトロニクス、ソフトウェア、機械式、油圧式、およびその他のコンポーネントや、一部システムのための費用効果的で効率的なソリューション案を得る
  • 危険防止策を講じるなかで当社の幅広い経験からメリットを得る
  • 正しいノウハウと適切なソフトウェアツールを集中的に集め、鉄道工学のほかに、アプリケーションの多くの分野で、RAMSの審査結果を活用する

鉄道工学の安全性および品質に関するサービス

認証手順については、安全性と品質の規格をスムーズに満たせるようにデザインされた数々のサービスをテュフ ラインランドの専門家がご提案します。具体的な内容は以下のとおりです。

  • 分析および文書の評価および発行
  • システムセキュリティ体系に関するコンサルティングサービス
  • 結果のツリー解析
  • 故障モード効果・クリティカリティ解析(Failure Modes, Effects and Criticality Analysis:FMECA)
  • フォールトツリー解析(Fault Tree Analysis:FTA)
  • ハザードログ
  • HAZOP(ハザード操作性試験:Hazard Operability Study)
  • インタフェースハザード解析(ゾーン解析)
  • 予備的ハザード解析(Preliminary Hazard Analysis:PHA)
  • DIN EN 50126、DIN EN 50128、およびDIN EN 50129規格に準じた安全性のエビデンス
  • サブシステムハザード解析
  • DIN EN 50159規格などの情報伝達プロセスの確保
  • メンテナンス性解析

RAMS分析のメリット

RAMS(信頼性、可用性、メンテナンス性、安全性)分析は、認証手順のなかでますます重要性と必要性を増しています。従来の鉄道工学では、初期の安全性に関する要求条項は、コンポーネントが安全面で妥当かどうかという一点しかありませんでした。それ以上の安全性に関する審査は行われなかったのです。しかし今日は、CENELEC(European Committee for Electrotechnical Norms:欧州電気標準化委員会)規格に従い、この規格を基準とした鉄道システムは、明確に定義できる安全性ステップのSIL(Safety Integrity Level:安全保全レベル)のコンプライアンスを根拠とするRAMS分析に基づいて審査されています。これは、統計および確率論分析の分野での経験につながる、高度な技術システムの知識が求められます。

お問い合わせ