一覧に戻る

テュフ ラインランド韓国のエネルギー効率試験所、韓国認定機構(KOLAS)の試験所認定を取得

2017/02/07日本

テュフ ラインランド韓国のエネルギー効率試験所(EEL)が、韓国試験所認定機構(KOLAS)の認定試験所として認定を受けました。

テュフ ラインランド 韓国初となる今回のKOLAS認定の取得は、韓国国内の空調・冷蔵機器市場のお客様をサポートする上で非常に重要な一歩となります。KOLASは、韓国技術標準院(KATS)管轄下の組織で、試験所の品質システムや技術力の評価を行う機関です。

KOLASの認定試験所は、KS C 9306、KS B ISO 15042、KS C 9321、KS C 9317、KS C IEC 62552などの、韓国産業規格に基づくエネルギー効率試験を実施することができます。2014年7月に設立されたテュフ ラインランド韓国のエネルギー効率試験所は、韓国の最先端技術と大規模試験環境を備えています。最新の空調システム試験装置を活用することで、国際規格や各国の国家規格に対応した、加熱冷却のエネルギー効率試験の実施や性能試験サービスの提供体制を実現しています。

テュフ ラインランド 韓国のエネルギー効率試験所は、ドイツのDAkkS(ドイツ技術審査認定機関)からの認定を取得しているほか、EER(エネルギー効率比)試験所としてSASO(サウジアラビア標準化公団)の認定を受けています。今回、KOLAS試験所としての認定を取得したことで、テュフ ラインランド韓国は、国際・国内両方のエネルギー効率試験を実施することができるようになりました。このことは、韓国国内の空調・冷蔵庫メーカーにとって、リードタイム短縮とコスト削減を図ることができます。

また、テュフ ラインランド は、今回の認定により、エネルギー効率を管理するための機器運用規則(韓国産業通商資源部の公告)に準拠する試験プラットフォームを構築することができました。この規則は、家庭用/マルチ式空調機器、一般/キムチ用冷蔵庫、除湿器などの空調・冷却製品が対象となっています。今後もこの分野の製品と試験範囲の拡大を進めてまいります。

カスタマーサービス / Customer Service
+81 45 470 1850
お問い合わせ