鉄道の機能安全

機能安全とは

危険事象の発生頻度・程度(リスク)を、電気・電子あるいは機構的な仕組みを用いて目標とするレベルまで低減させる技術のこと言います。具体的には、安全機能が意図した通り確実に動作することによって、目標とする安全状態が達成されるような設計です。この考え方は、最新の安全技術として様々な産業分野で既に導入が進んでおり、IEC 61508規格を核として派生した安全規格が作られ、ますますその重要性が増しています。

鉄道機能安全規格

鉄道分野における安全規格はIEC61508をベースにEN50126、EN50128,EN50129、EN50159が作られた。たとえEN50129が信号システムに適用する規格だとしても関係する安全業界の同意を得れば、他のサブシステムにも適用する。テュフ ラインランドの専門家チームは、信号・保安システムとコンポーネントの機能安全について、包括的なアドバイスを提供します。そのほか、車両や駆動システム、ブレーキシステムも対象としています。

一目で分かるメリット

テュフ ラインランドの国際的に認められた審査、評価、認証を取得すると、以下のメリットがあります。

  • 当社独自の支援で、開発プロセス全過程認証・認定の妨げとなるものを回避
  • ハードウェア及びソフトウェアでの機能安全及び開発プロセスの質を向上• 独立した分析によるシステムの定量的評価によって国際的な承認の優位性が得られる
  • 事故防止に積極的に取り組む姿勢が証明される
  • 各種鉄道システムのエレクトロニクスの安全性に関して当社が長年培った経験からメリットを得る

輸送システムの安全性の改善に関するサービス

輸送システムの電子部品やシステムの機能安全について、テュフ ラインランドの専門家がすべての領域のアドバイスをいたします。具体的な内容は以下のとおりです。

  • 鉄道システムで使用される固定システムおよび移動システム
  • 路面電車で使用される制御装置
  • 特殊用途に使用される制御装置
  • ハイブリッド車両の電気安全装置

さまざまな段階のサポート

様々な段階にわたり、機能安全の検査と改善を行いながらサポートしていきます。
  • フォールトツリー解析(Fault Tree Analysis:FTA)、故障モード効果・影響および致命度解析(Failure Mode, Effects and Criticality Analysis:FMECA)、RAMS(Reliability, Availability, Maintainability, Safety:信頼性、可用性、保守性、安全性)分析など、さまざまな認定解析を実施
  • 従業員研修をサポート
  • プロセスをモニタリングして開発中の支援を実施
  • 試験の評価、ハザード、パフォーマンス解析の統計手順を履行
  • 路面電車の認定に関し、電子部品の機能安全を評価
  • ソフトウェアの安全性を評価

検査対象技術と検査方法の例

鉄道および路面電車

  • コントロールおよびモニタリングシステム
  • 信号システム
  • 電気駆動システム

サービスカタログ