EMC試験・適合性評価

電気・電子製品は電磁波を発生し、電磁波の影響を受けることがあります。相互に非常に接近した状態で使用されることが多くなっている電気・電子製品は互いに悪影響を与えたり受けたりしないよう機能する必要があります。この重要な電気的特性を電磁両立性(EMC)といい、以下の2つの分野に分けられています。

  • エミッション (電磁放射、電磁妨害 EMI ともいいます。)
  • イミュニティー (電磁耐性、電磁感受性 EMS ともいいます。)

ヨーロッパ連合において、1996年1月より、EMC指令への適合が強制になりました。旧EMC指令 89/336/EECは、2009年7月20日に廃止され、2年の移行期間を経て現在は新EMC指令 2014/30/EUの要求事項への適合が求められています。製造業者は自社の製品が整合規格等に適合していればEMC適合宣言を行うことが出来ます。

テュフ ラインランドは、ノーティファイドボディ(公認機関)として、EMC指令の適合性評価を実施しています。

一目で分かるメリット

テュフ ラインランドのサービスには以下のメリットがあります。

  • EMC指令への適合性を確保できる
  • 製造物責任への対応強化
  • 中立的立場である第三者機関による評価で信頼性・市場での優位性を獲得

テュフ ラインランドのサービス

  • EMC指令 2014/30/EUにもとづく適合性評価
  • EMC指令 2014/30/EU 適合性評価手続の流れ (PDF, 86 KB)
  • テストレポートの発行
  • 製造業者より提示されたTechnical Documentation (技術文書)を検査し、EMC指令の要求事項に適合していることが実証されているかを評価し、ステートメントを発行
  • EMCマーク認証(製品の付加価値を高める型式認証)

Technical Documentation (技術文書)

指令への適合を説明するためには、製造者はTechnical Documentation (技術文書)を用意しなければなりません。”技術文書”には回路図、部品リスト等の技術文書、EMC試験報告書、取扱説明書他、EMCに係わる詳細資料全般から構成されます。”技術文書”は通常製品出荷から10年間保管義務があり、EU当局の実態調査に応じてすぐ提出できる状態にあることが要求されます。

テュフ ラインランドは、ノーティファイドボディ(公認機関)として、申請者より提示された”技術文書”を審査し、指令の要求事項に合致しているかを精査し、適合証明書(NBステートメント)を発行しています。

対象製品

  • IT機器
  • 家庭用機器および娯楽用製品
  • 産業機械
  • 医療機器
  • 自動車部品 など