C-TPAT認証

米国内への輸入における輸送安全性

米国への輸出の際のセキュリティに対する懸念は、ますます重視されています。そこで、米国の税関機関にあたる米国税関国境警備局(Customs Border Protection:CBP)は、任意の提携プログラムとして、テロ防止のための税関産業界提携プログラム(Customs Trade Partnership Against Terrorism:C-TPAT)を開始しました。このC-TPATプログラムの目的は、外国のサプライヤから米国の消費者に至るまで、シームレスなサプライチェーンの安全性を確保することにあります。

当社は米国当局のパートナーとして、中国から米国に商品を輸出している企業の調査を担当しています。商品やサービスの製造、供給、出荷のいずれかの段階を請け負う企業が認証を無事取得するまでの道のりを、当社がサポートいたします。

一目で分かるメリット

テュフ ラインランドのC-TPATバリデーション監査により、以下の特典を受けられます。

  • 米国への出荷処理の優先権
  • CBPの検査回数の軽減
  • 米国の法人のパートナー企業としての信頼性の証明
  • 米国当局と協同でのC-TPATサプライチェーン・セキュリティ・スペシャリストによるサポート
  • 米国税関当局の目標協定プログラムへの参加
  • カナダとメキシコへの輸入時の優先的処理
  • 戦略的貿易事務局(Office of Strategic Trades:OST)の輸入業者自己評価プログラム(Importer Self-Assessment Program:ISA)への参加権利
  • 米国税関当局のトレーニングプログラムへの従業員の参加資格

輸送とロジスティックスの安全性を高める3つのステップ

テュフ ラインランドの専門家がC-TPAT認証取得までのルートを以下の3つのステップでサポートします。

1. C-TPATパートナープログラムへの参加

どのような安全対策を講じているかを米国税関当局向けに概説して実証するため、まずはオンラインアンケート形式のいわゆる自己評価に参加する必要があります。

2. 認証書の更新

最低限必要とされている規格を満たした企業は、米国当局より認証されます。この認証を取得すると、記載の数多くのメリットを受けられるようになります。

3. テュフ ラインランドのバリデーション

テュフ ラインランドの専門家は、米国税関当局のパートナーとして、安全対策の評価を行います。テュフ ラインランドの認証により、米国当局の処理を優先的に受けられるメリットが得られます。

C-TPATの要求条項

米国税関国境警備局はサプライチェーンの最小限の規格を告示しており、各企業はこれを達成する必要があります。検証するポイントは以下のとおりです。

  • 作業場や社内のセキュリティをどのように系統立てて強化しているか?
  • 企業とその物的資産をいかにして守っているか―囲いやサーベイランス設備などを手段としているか?
  • 社内の安全対策はどのように実行されているか?どのような措置やルールが実施されているか?
  • 従業員はどのように選抜され研修を受けているか?